名古屋で受けられる!歯科の治療の種類を解説

虫歯治療にはどんな治療法がある?5つの治療法を学ぼう

歯医者での治療

名古屋の歯医者で歯の治療をお考えの方は、歯科医がどのような治療を行うのか事前に調べてみてはいかがでしょうか。歯医者で多く行われている治療をランキング形式でご紹介します。

歯医者で多く行われる治療ランキング

no.1

虫歯を削る治療

最近では歯を大切にする週間が身についている方が多く、軽度の虫歯でもすぐに気づいて治療を受けに行く方もいます。そのため「虫歯を削る治療」をする方がたくさんいるということで第1位に選ばれました。軽度の虫歯なら、その部分を削って詰め物をするだけで治療が完了するので、その日のうちに治療が終わる場合もあります。

no.2

歯の神経を取る治療

第2位は「歯の神経を取る治療」です。虫歯の状態が酷くなると歯が痛くなったり、汁物を口に入れた際にしみるなど、痛みが出てきてしまいます。その場合に痛みを感じないように神経を取る治療を行うのです。だいたい3~4回ほど通うことにより神経の治療は完了します。

no.3

歯の根っこの炎症を治す治療

「歯の根っこの炎症を治す治療」は第3位に選ばれました。虫歯が慢性化したり、神経を取る治療を行った際にばい菌が入ってしまうと歯の根っこ部分に炎症ができ膿が溜まってしまう場合があります。なかなか自分でも歯科医でも気づきにくいので、酷くなってから治療を行うという場合もあるので、歯の神経を取る治療を受けた場合は定期的に点検する必要があります。

no.4

神経を取らない治療

第4位は「神経を取らない治療」です。神経を取る治療と比べると成功率が低く難しい治療のため、避けてしまう歯科医もいますが、患者のことを第一に考えた腕の良い歯科医なら、このような治療も提案してくれるでしょう。神経を取らない治療は、治療期間が短く費用も抑えることができるため、患者にとってはメリットがたくさんある治療法です。

no.5

歯を削って被せる治療

第5位は「歯を削ってかぶせる治療」です。歯が健康な状態でも、神経を取っていると歯の潤いが失われて通常よりもろくなります。そのような状態の歯の表面を少し削り、被せ物をするという治療法もあります。

名古屋で受けられる!歯科の治療の種類を解説

女性と子供

虫歯ができる原因

虫歯ができる原因には、ミュータンス菌という菌が関わっています。この菌は食べ物に含まれる糖分を摂取して口の中で増えていきます。ミュータンス菌は歯にくっつきやすいネバネバとした成分を出すのですが、この成分にさまざまな細菌がくっついてしまうのです。その細菌が歯を溶かす原因である酸を作り、虫歯が出来上がっていくのです。

虫歯になる前に

虫歯にならないように、自分で気をつけるべきことがあります。食事の後は毎回歯を磨いたり、寝る前の歯磨きの際は歯間ブラシやフッ素入りのうがい薬で歯のケアを行ったりと、さまざまな歯のケア方法があります。

虫歯にならないために行う定期点検

自分で歯のケアを行っても虫歯になってしまう場合もあります。そうならないためにおすすめなのが、歯医者に定期的に通って歯科医から歯磨きの方法を教えてもらったり、歯の点検をしてもらうという方法です。

定期点検のメリット

歯の定期的な点検をすることで細菌が酸を出して表面が溶けてしまっている歯もすぐに見つけることができます。このような状態の歯は削らずに治療もできるので、定期点検はとても大切なものといえるのではないでしょうか。

広告募集中